企業情報

基本情報

株式会社エルシーは採掘量と石炭輸送量においてロシアの採炭企業のトップ3に入る企業グループです。 企業はサハ共和国(ヤクート)、ハバロフスク地方と沿海地方、ノヴォシビルスク州、ケメロヴォ州、そしてアムール州に広がっています。

サハ(共和国)に位置するエルガ炭鉱システムは、硫黄とリンの含有量が極めて低いプレミア級の高品質粘結炭の採掘・選鉱・輸送・販売する企業群で構成されています。エルガ炭鉱は、グニエラ鉱山、ゴードンストン炭鉱、グレゴリー鉱山といったオーストラリアの炭鉱とも肩を並べられる炭鉱です。

ノヴォシビルスク州、およびケメロヴォ州にあるグループ企業は、合資会社コリヴァンスキー露天掘鉱業所、株式会社ヴォストーチヌィ露天掘鉱業所、株式会社キザスキー露天掘鉱業所、また株式会社ヴェルフネテシュスキー露天掘鉱業所が代表されます。各企業が、高品質の無煙炭「Ultra High Grade」とその他の冶金炭の採掘と輸出に重点を置いています。無煙炭「UHG」の高い炭素含有量、低い異物含有量、そして高い発熱量により評価されています。

極東最大のオゴジンスキー炭鉱はアムール州に位置しています。また、ヴェラ港湾は沿海地方にあり、港はスゴジンスコ・オゴジンスキー鉱山の原料積み替えを可能にします。

ハバロフスク地域における同社のプロジェクトは、エルガ港と太平洋鉄道です。これにより、オホーツク海沿岸のターミナルとエルガ炭鉱とが接続します。

株式会社エルガウゴル
運営会社で、エルガ炭鉱の地下における優先使用権を保有しています
株式会社エルガドロガ
ロシア最大の私鉄路線「エルガ~ウラク」を運営、道路の長さは360kmです
株式会社エルガトランス
鉄道路線「エルガ~ウラク」の運行と貨物輸送を提供するサービス会社です
株式会社エルシー・シベリア物流
ノヴォシビルスクおよびケメロヴォ地域の企業からの製品の国内での取りまとめ、輸出入、および中継輸送を組織する輸送および物流会社です
株式会社エルシー・ヴォストーク物流
サハ共和国(ヤクート)のエルガ石炭コンプレックスからの製品の国内での取りまとめ、輸出入、中継輸送を組織する輸送および物流会社です
株式会社エルシー・マイニング・シベリア
同社は、ノヴォシビルスク州とケメロヴォ州で石炭の採掘と選炭に従事しています
株式会社エルシー・マイニング・ヴォストーク
同社は、サハ共和国 (ヤクート) で石炭の採掘と選炭に従事。また、同社は、特殊車両による商品の輸送と、鉱業に関連する産業プロセスおよび産業のプロジェクトの開発を専門分野として担っています
株式会社エルガサービス
同社は、エルガ炭鉱からの運ばれてきた石炭処理を行う技術的複合体の一部である処理プラントの設計と建設を目的としています。各工場の生産能力は、年間 350 万トンです
民間警備機関エルシー警備
同社は認可を受けた分野での活動に従事しており、エルガ炭鉱および 「エルガ-ウラク」 鉄道線におけるすべての施設でセキュリティサービスを提供しています
株式会社エルガ建設
同社は、輸送および産業インフラ施設を建設しており、専用設備と建設機械を備えています。
株式会社ダリプロジェクト局
同社は、鉱業 (石炭採掘、選鉱処理、冶金、コークス生産、製鉄) の産業施設、インフラ施設、熱力と電力、道路と鉄道、当直交代制のニュータウンなどの設計の分野に従事しています
合資会社コリヴァンスキー露天掘鉱業所
Ultra High Gradeの高品質無煙炭を採掘しています。この露天掘鉱業所はノヴォシビルスク地域にあります。 採掘はセーヴェルヌィとクルティヒンスキーサイトで行われます。埋蔵量は1億2600万トンです
株式会社ヴォストーチヌィ露天掘鉱業所
ノヴォシビルスク地域の無煙炭を採掘し、埋蔵量は 1 億 4,400 万トン以上にのぼります。 2016年に営業を開始しました
株式会社キザスキー露天掘鉱業所
2014 年以来、ケモロフスキー南部にあるウレゴリスキー区域およびウレゴリスキー区域5~6区間で、冶金用および発電用の石炭を採掘しています。 この区域の埋蔵量は7,700万トンです
株式会社ヴェルフネテシュスキー露天掘鉱業所
同社は、ヴェルフネテシュスキー炭鉱のヴェルフネテシュスキー区域で石炭と無煙炭を採掘しています。この区域の埋蔵量は 7,900 万トンに達します。キザスキー炭鉱に近く、共通の交通インフラを利用できます
株式会社エルシー熱エネルギー供給
同社は、蒸気と温水の生産や送電、配電だけでなく、シベリアの企業エルシーのニーズに合わせた空調も提供しています。
株式会社エルシーポートサービス
同社は港湾荷役活動やその他の輸送処理を専門としています
株式会社エルシーアグロ
同社は、穀物、マメ科作物、油糧種子の栽培に従事
ノヴォシビルスク州とケメロヴォ州にある エルガ炭鉱システム、採掘および処理施設は、株式会社エルシーによって管理されています。当社のチームは、市場に関する深い専門知識と、大規模な石炭プロジェクトを短期間で立ち上げた経験を保有しています。
アレクサンドル
セルゲーヴィチ・イサエフ
最高経営責任者(CEO)

JORC規程によると、エルガ炭鉱システムは埋蔵量 22 億トンに及ぶ、ロシアで最大の粘結炭の炭鉱を開発しています。 2020 年には、エルガ炭鉱システムの企業での株式会社Aプロパティの100%買収が完了し、埋蔵量開発計画が策定されました。

2025 年までの当社の目標
100
万トン
1億トン 採掘量
70
万トン
7,000万トン 精鉱の製造・出荷
45
4万5,000ヵ所 2025年までに新規雇用を創出
>130
ルーブリ
>炭鉱、鉄道、港湾インフラの開発に1,300億ルーブルの投資

2021 年、シベリアの企業エルシーは2,260万トンにおよぶ高品質の無煙炭「Ultra High Grade」およびその他の原料炭を生産しました。企業は、生産量を増やし、生産効率を向上させるために大規模な開発プログラムを実施しています。

主な投資分野は、新しい構造基盤の形成、大規模かつ高性能の採掘技術、輸送機器の使用、および生産過程の自動化です。

2,260
万トン
2021年の石炭と無煙炭の採掘量
113億9,000万
ルーブリ
2020 年の国際財務報告基準に基づく収益
5億3,000万
ルーブリ
2020年の投資プログラム
6億
ルーブリ
支払った税金
エルガ-ウラク線の成長計画
運搬能力、百万トン/年間
2035年までの生産計画
百万トン/年間採掘発送
エルシー株式会社のその他管理企業
株式会社ヴェラ港湾
株式会社ヴェラ港湾は沿海地方に位置するオトクリティ岬付近で、石炭海上ターミナルの建設及び運営のプロジェクトを実施しています。

プロジェクトには海上および鉄道の貨物範囲、石炭貯蔵倉庫などのターミナル施設の開発が含まれる複雑的なプロジェクトです。

ターミナルには、石炭の受け取り・積み替えのための最新設備が装備されています。 環境の安全性を確保するため、革新的なソリューションと最新技術を用いてます。石炭の荷降ろしや積み替えのために、カーダンパーを使用した専門複合施設が立ち上げられました。

2019 年にプロジェクトの第 1 段階が開始され、2021 年には第 2 段階の始動に必要な施設の建設が完了する予定です。 2022 年には、ターミナルの貨物回転率を700 万トン、長期的な計画においては最大 2,000万トンまで増加させることを予定しています。

ターミナルの場所は、気象条件 (氷やすくなく、通年航行可能な状態)、線路への近さ、また、地理的にもアジア太平洋諸国の主要な石炭輸出マーケットとの位置関係からも有利であるといえます。
株式会社オゴジンスキー石炭会社
2015 年から、株式会社オゴジンスキー石炭会社はアムール州のスゴジンスコ・オゴジンスキー炭鉱を開発してきました。 これは極東地域で最大の炭鉱であり、グレードG、SS、T、および A の石炭の埋蔵量と資源の合計が28億トンにも及びます。

炭鉱はアジア太平洋地域のターゲット市場に対し、地理的な観点から非常に優位な位置にあるといえます。炭鉱から送られた貨物は、ヴェラ港湾の石炭ターミナルを含む極東の港 (鉄道で1,600 kmの距離) を通って輸送されます。